Home » コンタクトレンズ » メガネよりもコンタクトは早く手に入る

メガネよりもコンタクトは早く手に入る

メガネを作成する時は、メガネ屋さんまで度数を計測しに出かけ、そこから1週間ほどかけて自分用のメガネを手に入れる事ができます。なぜそこまで時間がかかるのかというと、フレームを取り寄せる必要がある事と、レンズの加工とサイズの微調整に時間がかかるからです。メガネのフレームは量産体制が整ってはいるのですが、組み立てや調整についてては全て手作業で行なう必要があるので、手に入れるまで期間が必要になるのです。

このような事情があり、メガネが壊れた時は、新しいものが出来るまで非常に不便な思いをしてしまうかと思います。もしかしたら、メガネが壊れてしまった時は、コンタクトへの替え時なのかもしれません。コンタクトには調整も組み立ても必要ないので、眼科で検診を済ませ度数の検査後にすぐに身につける事が出来るようになります。また度数検査後は通販で代えのコンタクトを取り寄せる事も可能です。コンタクトは使いすてが今の主流なので、通販で買い溜めしておくと、失くしても困らないのです。

通販で注文できるだけあり、使い捨てコンタクトの単価は非常に低額です。現在メガネを使っているという人も、一度使い捨てコンタクトというものを試してみると良いかと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>